くじらグループ リハビリスタッフ求人専用サイト リハナビ 見学歓迎 お気軽に

くじらグループ本部事務局 TEL:0894-22-5750

テレビCM
八幡浜って
どんなところ?

八幡浜市は四国の三崎半島基部にある、豊かな自然とあたたかい気候に恵まれた市です。右は宇和海、左は伊予灘に面しているため、水産物の卸売りが盛んで、市内から美しい海が眺められます。八幡浜港は四国と九州を結ぶ連絡港としても活躍しています。あたたかい気候と傾斜のある山を活かした、みかんをはじめとする柑橘類の生産も長い歴史を持っています。
どーや市場   みなと花火大会
日本有数の好漁港といわれる宇和海をはじめ、瀬戸内海、はては遠い太平洋から魚が毎朝水揚げされる四国最大規模の魚市場です。魚種が400〜500種と日本有数の豊富さで、浜値で安く購入でき、活気ある雰囲気も相まって地元の方のみならず、観光客の方々にも好評です。   八月中旬に八幡浜港で開催される花火大会です。
昨年度打ち上げた花火は3500発、観客動員数は5万人、屋台の出店も多く、市外からも毎年たくさんの人が訪れます。
真穴みかん   平家谷
市内真穴地区で宇和海の潮風と、太陽の光をあびて育った温州みかんです。果皮が薄く、甘いのが特徴です。百十有余年の伝統技術をもって作られ、最新設備の選果場で厳しい審査を通ってお客様に提供されています。1964年に全国初の優良みかん産地として天皇杯・農林大臣賞に輝きました。   宮内川上流の平家谷一帯には平家の哀しい落人伝説が残っています。渓谷と自然林が美しく、今は憩いの場として生まれ変わり、四季折々の自然を楽しみに多くの人が訪れます。
特に夏のシーズン中にはマス釣りやマスの塩焼きが楽しめるほか、渓谷の清流を利用した「そうめん流し」が夏の風物詩となっています。
諏訪崎   八幡浜ちゃんぽん
別名「夢咲き岬」と呼ばれる諏訪崎では、目の前に広がる宇和海や佐田岬半島を眺めることができます。ツツジ、アジサイ、ツバキなど四季の花々が目を楽しませてくれます。四月の諏訪崎まつりではたくさんの出店が並び、お茶会やモデル撮影会などのイベントも開催されます。   長崎などの麺文化を、八幡浜風に「ちゃんぽん」にして生まれた食べ物です。単なるご当地グルメを通り越して、八幡浜の「ソウルフード」として市民に愛され続けています。